1. HOME
  2. ブログ
  3. 正しい摘み方を覚えると、いちご狩りがもっと楽しくなる

正しい摘み方を覚えると、いちご狩りがもっと楽しくなる

いちご狩りに行ったら気を付けたいのが、いちごの正しい摘み方についてです。普段はパックに入っている状態のいちごを購入して食べたり、ケーキにのっているいちごを食べたりすることが多いのではないでしょうか。実際に自分がいちごを摘むとなると、いちごの正しい摘み方ってどんな感じなのかわからないという人が多いのではないでしょうか。いちご狩りに行った農園で教えてくれることもありますが、そうでない農園もあるので事前に少し予習をしておきましょう。まずいちごを摘む前に、美味しいいちごを選べるように知識を頭に入れておきましょう。美味しいいちごはヘタがぴんと伸びていて緑色で美しく、果実も真っ赤な色をしています。ヘタに注目することは難しくても、真っ赤ないちごを選ぶと覚えていれば十分です。

どのいちごを摘むか選べたら、いちごの目の前に立ちましょう。自分と反対側の列にあるいちごを摘もうとすると、茎が引っ張られて折れてしまたり、土ごといちごが抜けてしまったりする可能性があります。いちごの目の前に立ったらしゃがんで指先でいちごを軽くつまんで、そっとねじりながら上に引き上げてみましょう。軽くつまむ程度であればいちごが潰れることなく、簡単に摘むことができます。いちご狩りを開催している農園の中にははさみを渡してくれる農園もあるので、はさみがある時は適度な長さでいちごのヘタをカットしましょう。はさみを使う時でもいちごを引っ張らないように気を付けてください。いちご狩り農園は多くの人が訪れる場所なので、マナーを守って正しい摘み方を実践しましょう。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事