1. HOME
  2. ブログ
  3. 余ったイチゴジャムを使って作る手羽元のビール煮

余ったイチゴジャムを使って作る手羽元のビール煮

瓶入りのジャムを購入した時、最初は美味しく食べていたけどジャムの味に飽きてしまったという場合や、賞味期限内に食べきることができないという場合に活用してほしいレシピがあります。それが余ったジャムを使った手羽元のビール煮です。ジャムは料理にフルーティーさと甘みを加えることができ、お肉との相性が良い調味料です。ジャムをお肉と一緒に使うと、肉質を柔らかくする効果や、お肉の臭みを消してくれる効果があります。

【材料(2人分)】
鶏手羽元 6~8本
塩 小さじ1
ジャム(イチゴジャム、ブルーベリージャムなどフルーツ系であればなんでもよい) 大さじ5
トマトケチャップ 大さじ4
中濃ソース 大さじ3
ビール カップ1
タマネギ 1/2個
サラダ油 大さじ1
小麦粉 大さじ2

(1)キッチンばさみを使って手羽元の骨に沿って切り込みを入れます。
(2)ボウルの中に手羽元を入れ、塩、ジャム、トマトケチャップ、中濃ソースを加えてよく揉み込み、ビールを注いでボウルにラップをかけて冷蔵庫の中で約1時間おきます。
(3)タマネギを薄切りにし、サラダ油を使ってタマネギを弱火で約5分間炒めます。
(4)タマネギを5分間炒めたら小麦粉を全体的にふり入れ、混ぜ合わせます。
(5)味を揉み込んだ手羽元を加えて中火で煮込みます。
(6)煮立ったらアクを取り除き、落し蓋をしてさらに弱火で約10分間煮込んで完成です。

ビールのほろ苦さとジャムの甘みが上手くマッチしている味わい深い洋風の煮込み料理です。ビールやジャムを消費しきれない時におすすめなレシピとなっています。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事