1. HOME
  2. ブログ
  3. 佐賀県で生まれたまぼろしの白イチゴ「天使の実」

佐賀県で生まれたまぼろしの白イチゴ「天使の実」

天使の実は佐賀県唐津市の農家で生まれたまぼろしの白イチゴです。製作者がいちご栽培を始めてから40年が経過した頃、突然赤いイチゴ畑に白いイチゴができました。最初の発見から5年の歳月をかけて研究した結果誕生したのが白いイチゴです。白いイチゴの研究を重ねた結果、天使の実が誕生しました。天使の実はメロンやパイナップルのような不思議な味わいを持っていて、平均重量はなんと60gで大きいものだと100gを超えるものもあります。その見た目の珍しさから話題になり、2018年にTV番組で紹介されたり、白いイチゴを使用したコンビニスイーツが販売されたりしています。いつも食べているイチゴとは違った味だからこそ興味を惹かれ購入してみて、その美味しさに驚くという人が多いようです。

天使の実はインターネット通販で購入することができます。販売店ごとに価格設定や販売量が異なるので、いくつかの通販サイトでの天使の実の取り扱い価格を比較して購入しましょう。天使の実の販売はどの通販サイトでも1月中旬頃からとなっていて、そのほとんどが3月下旬ごろに天使の実の販売を終了してしまいます。またどのサイトでも数に限りがあって、なくなり次第販売が終了してしまいます。天使の実をインターネット通販で購入する場合は、早めに購入手続きを行うことをおすすめします。各販売サイトでの価格設定は旬の時期が近付くまではわからないので、旬の時期が近付いたらチェックしてみましょう。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事