1. HOME
  2. ブログ
  3. キシリトールに虫歯予防効果があると言われている理由

キシリトールに虫歯予防効果があると言われている理由

キシリトールと聞くと、虫歯予防のイメージがあるのではないでしょうか。虫歯予防のガムによく「キシリトール配合」と書かれているのを見かけます。キシリトールが虫歯予防に良いと聞いたことはあるけど、なぜキシリトールに虫歯予防効果があるのかよくわからないという人も多いようです。キシリトールと虫歯予防の関係についてご紹介していきます。

そもそも歯が虫歯になってしまうのは、口の中に残った食べかすが原因です。食べかすが細菌と混ざり合ってしまった時、歯を溶かしてしまうプラークという細菌の固まりができ上がってしまいます。プラークが作る酸の影響で歯が溶けてしまうことが虫歯の原因です。キシリトールはプラークが虫歯の原因となる酸を作れないように働きかけてくれます。また甘さにより唾液をより多く出すように刺激してくれます。唾液は虫歯の原因となるプラークが糖分をエサとして増殖して作り出した酸を中和させる働きを持っています。唾液には口の中を洗い流す働きもあるので、唾液量が減ってしまうと歯周病のリスクも高まってしまいます。唾液量を増やす最も効率の良い方法は、食事の時にしっかりとよく咀嚼することです。よく噛むことで唾液は自然と分泌されます。キシリトールが配合されているガムであれば、キシリトールの効果を得ながらガムを噛むことで唾液の量を増やすことができるので、キシリトールガムを噛むだけで虫歯予防効果があり、虫歯になってしまう確率を減らすことができます。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事