1. HOME
  2. ブログ
  3. 食育とは?

食育とは?

健全な食生活を推進するために、「食育」というものがあります。食育基本法という法律があり、食育に関する取り組みを推進するために作られた法律です。食育自体が国の責務として定められており、各省庁は同法を意識した活動を行っています。

食育は生きる上での基本的なものであり、健全な食生活を実現できる人間を育てることを言います。食育が進められるのは、偏った食生活、生活習慣病が増え、ダイエットのために無理な食事制限をし、健康的な食生活を送れていない人が多いからです。

食育基本法の7つの理念は、1つ目「国民の心身の健康と増進と豊かな人間形成」では生涯に渡り食生活を実現することです。2つ目「食に関する感謝の念と理解」では食育が自然の上に成り立っていることに感謝と理解を示さなければならないという理念です。

3つ目「食育推進運動の展開」により地域の人や団体が参加し、全国において展開させなければなりません。4つ目「子供の食育は保護者お教育関係者の役割」保護者は積極的に子供の推進に関する活動に取り組まなければなりません。

5つ目「食に関する体験活動と食育推進活動の実践」、6つ目「伝統的な食文化、環境と調和した生産等への配慮及び農山漁村の活性化と食料自給率の向上への貢献」、最後「食品の安全性の確保等における食育の役割」これらの7つの基本法を元に食育を行っています。食育を行うためには、地域はもちろん保護者や自身も医師することが大切です。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事