1. HOME
  2. ブログ
  3. 簡単に作れるいちごのお酒

簡単に作れるいちごのお酒

生のいちごを使ったいちご酒が簡単に作れます。4l分の材料で説明していきます。いちご900g~1kgにアワーリカーかブランデー1.8l、氷砂糖100~200gで作れます。材料はたったの3つだけです。

まずいちごのヘタを取って、流水で洗います。洗い終わったら1粒1粒しっかりと水気を切ります。広口の瓶にアワーリカーまたはブランデーを少量入れ、瓶全体に行き渡らせて瓶を消毒します。

消毒した瓶にいちご、氷砂糖、いちご、氷砂糖の順番に瓶に重ね入れていきます。2つを重ね入れ終わったら、最後にアワーリカーかブランデーをそっと注ぎ入れていきます。注ぎ終わったら瓶に蓋をして、直射日光が当たらない場所で保管します。1週間くらいは氷砂糖が全体に行き渡るように優しく瓶ごと回してかき混ぜます。

2ヶ月間放置すればいちごが脱色して、白いいちごになります。いちごが白くなったらいちご酒の出来上がりです。甘いのがお好みの方は砂糖の量を増やせば大丈夫です。甘みは後でガムシロップを入れたり、練乳やはちみつを足すことで甘みを足せるので後から足してもいいです。

初めて作る時は100gで作って、足りなかったらガムシロップなどを足して、次作る時は砂糖の量を増やすとお好みの味に仕上げられます。リキュールを使わず生のいちごを使うことで添加物なく、体に優しい新鮮ないちご酒を楽しむことができます。漬け込むのに時間がかかるので、早めにつけることをおすすめします。忘れた頃に楽しめます。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事