1. HOME
  2. ブログ
  3. いちごは「果実的野菜」

いちごは「果実的野菜」

フルーツ、果物として親しまれることの多いいちごですが、実は農林水産省の現在の見解によるといちごは「果実的野菜」という食物に分類されることは知っていましたか?

野菜と果物の分け方については、「樹に実が生るのが果物」「そうでないものが野菜」という分類方法が一般的です。
この分類方法を適用すると、果物やフルーツとして親しまれているスイカやいちご、メロンなどは野菜という分類になりますが、農林水産省の示す野菜の特徴に「草本性の植物に生る」「副食物(おかず)になるもの」という条件が含まれているため、いちごやメロン、スイカははっきりとどちらだと言えない=「果実的野菜」という名称で分類されることになりました。

ちなみに、同様の果実的野菜と呼ばれるものにはバナナやパイナップルも含まれています。木に生っているイメージが強いこの二つの果物ですが、実は草本性の植物に生るという点で野菜にも分類可能なのです。
逆に、野菜というイメージが強いのに果物と同じ生り方をするため「野菜的果実」と呼ばれる野菜も存在します。代表的な食べ物では、トマトやナス、アボカドが野菜的果実にあたります。

特にトマトが野菜か果物かという問題で、アメリカでは裁判にもなったことがあります。アメリカが定義する果物の条件「植物の一部である・花が咲いた後に生る果実である・可食部の実に種がある」に当てはまりながらも、果樹園ではなく野菜畑で栽培されている、デザートには出ないがスープに入って出てくるという点で法律的には野菜であると定め、課税の条件などが定められました。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事