1. HOME
  2. ブログ
  3. いちごの旬はいつ?

いちごの旬はいつ?

昔と異なり、現在はビニールハウス栽培の技術が発達したためいちごの旬も非常に幅広くなりました。元々春先が旬と言われていたいちごですが、現在は12月~5月頃に旬を迎え採れたてのいちごが食べれるようになっています。
春先が旬だったいちごの収穫時期を冬でも採れるようにしたのには理由があります。それは12月、クリスマスケーキの関係でいちごの需要がとても高まるようになったためです。

12月のクリスマスケーキ需要を終えると、多くの農家は1月から5月にかけていちご狩りを開催します。休日限定、先着順、予約必須など様々な条件があるため、いちご狩りに行きたい人は1月から5月のシーズンで行きたい農家をチェックしてから向かうようにしましょう。
また、冬とは言えいちごに適した気温に設定されているビニールハウスでいちご狩りは行われますから、いちご狩りに参加する際は5月頃を想定した服装も用意できるといいでしょう。

そしていちごは、その品種によって細かな旬の時期が異なるのも特徴です。例えば栃木県で広く栽培されている「とちおとめ」の場合、12月はじめから3月の終わりにかけてが旬となっています。それ以外にも、福岡県産の「あまおう」は12月の終わりから4月の半ば、静岡県産の「紅ほっぺ」は1月の終わりから5月頭がそれぞれ旬の時期とされています。

一番早い品種だと、静岡県産の「久能早生」がなんと10月中旬から旬を迎えます。旬を迎えたいちごはその品種ごとの味の特徴もよく出ますので、ぜひ旬のいちごを食べてみてください。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事