1. HOME
  2. ブログ
  3. いちごの品種 章姫

いちごの品種 章姫

「章姫(あきひめ)」は、1992年に品種登録された静岡県産のいちごです。「久能早生」と「女峰」という品種を掛け合わせて生まれた品種で、横幅のあるいちごのイメージと異なり、縦に長い円錐形のシルエットをしているのが大きな特徴です。味は酸味が少なく、いちごの甘みを十分に感じられる特徴を持っています。

章姫は色があまり濃くないという特徴も持っていますから、購入する際は「全体に色味が回っているか」という点で選ぶといいでしょう。その際、色の濃淡はそこまで気にしなくても問題ありません。果肉が柔らかいのも章姫の特徴ですから、出荷の際に潰れてしまっていないか、パックの中に潰れた果肉の果汁が漏れてしまっていないかなどのチェックを行うようにしてください。

12月から市場に出回り始める章姫が最も多く出回るのは、2月から4月にかけてです。その後、5月頃まで出荷が続きます。現在はより輸送に耐えられる品種である「紅ほっぺ」が流通の割合を多く占めているため、あまりスーパーなどでは見かけませんが、「甘くて瑞々しいいちごが食べたい」と思っているときに見つけられたらぜひ購入してみてください。

また章姫は他の品種と比べ日持ちがあまりしませんので、購入したら早めに食べるようにしましょう。酸味が少なく甘みが強いので、生食で充分美味しくいただけます。小さい子が食べるいちごにもおすすめです。
加工して食べたいという場合、スムージーなどにして食べるのがおすすめです。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事