1. HOME
  2. ブログ
  3. いちごの品種 アイベリー

いちごの品種 アイベリー

「アイベリー」は1983年に愛知県で生まれた品種です。愛知県の愛を取り、「愛ベリー」と表記されることも少なくありません。アイベリーの一番の特徴はその大きさで、平均して50グラムほどの大きさになります。中には80グラムを超えるものもあり、濃厚な味わいを楽しむことができます。

鮮やかな赤色と酸味と甘みのバランスが取れた味、大ぶりな姿などから高い人気を持っていますが、栽培が難しくサイズを均等に揃えることの難易度が高いことなどからあまり市場には出回ってはいません。贈答用やいちご狩り向けのいちごとして栽培されていることが多いのが特徴です。

美味しいアイベリーを選ぶポイントは、ヘタにあります。ヘタに張りがありみずみずしい緑色のヘタを持つアイベリーを選んでおけば、味に間違いはないでしょう。贈答用の場合形にもこだわりたいですが、そうではない場合どんな形のものでも味に大差はないためこだわらなくても問題ありません。
大ぶりなサイズが特徴のためカットしてから食べる方が多いと思いますが、いちごの場合、カットする前に水洗いを済ませるということを押さえておきましょう。カットしたりヘタをとったあとに水洗いをすると、カットした断面からうまみや果汁、栄養が流れ美味しさが減ってしまうためです。

アイベリーの旬は12月から3月頃となるため、いちご狩りで楽しみたいという方はその時期にチェックするのをおすすめします。生食も向いていますが、酸味があるためジャムなどに加工しても美味しく食べられるでしょう。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事