1. HOME
  2. ブログ
  3. いちごの品種 あまおう

いちごの品種 あまおう

「あまおう」は、2005年に商標登録がされた福岡県産のいちごです。「赤い、丸い、大きい、うまい」というあまおうの特徴をよく示した単語から頭文字だけを取りあまおうと名付けられたほか、いちごの王様になれるようにという願いも込められています。
ほかのいちごと比較したとき、赤色が濃いのがあまおうの特徴です。それまで福岡県産のいちごは「とよのか」と呼ばれる品種が主力でしたが、とよのかは着色が良くない状態になってしまうことが多く、それを改善するべくあまおうが生み出されているため、あまおうの色味は鮮やかで濃い赤色ということで有名なのです。

果肉は固めで、果汁が多いことでも知られています。果肉が柔らかい品種のいちごと比べると比較的日持ちしますが、平均以上というわけではないので傷まないうちに食べるようにしましょう。
美味しいあまおうは、適度に色が濃く丸みを帯びているものと言われています。色が薄いものより濃いもの、細身のものより丸々としたものというように選ぶと間違いないでしょう。
また、あまおうは果実の味が濃いので特に何もつけなくても美味しく食べることができるのも特徴です。そのほか、色味が濃いのでジャムなどの加工品にしても見た目よく食べることができるでしょう。

12月から5月頃まで市場に出回りますが、特に3月から4月頃にかけてが出荷のピークとなります。福岡県産ということもあり、九州をはじめとした西日本では人気の高いメジャーないちごとして知られています。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事