1. HOME
  2. ブログ
  3. いちごの品種 あすかルビー

いちごの品種 あすかルビー

あすかルビーのいちごは、アスカウェイブと女峰を交配して作ったいちごです。2000年に品種登録され、奈良県のブランドいちごとして生産されています。あすかルビーは約3000の実生の中から選りすぐりされて選ばれた品種です。あすかルビーの名前は、奈良で生まれたことから「あすか」の名前が来、光沢のある赤色がルビーを感じさせることからその名前がつきました。

あすかルビーはその名前のように、果皮が色鮮やかな赤色をしています。中にはややオレンジがかった赤色のものもあるので、着色がそれほど濃くないものも中にはあります。明日カルビーの果実はやや固めではありますが、家で保存する時はラップをするか、パックをポリ袋に入れて野菜室に入れるのがおすすめです。

購入した当日中、遅くとも2~3日以内に食べた方が新鮮で美味しいままに召し上がることができます。あすかルビーは甘みと酸味のバランスがいいので、そのまま食べるととても美味しく食べられます。水洗いしてそのまま食べられます。

また色合いが綺麗なので、ケーキやタルトに使っても色が映えて綺麗で美味しく見えます。いちごタルトにすると贅沢に味わえます。あすかルビーの旬は12月から5月頃までです。寒い季節に美味しく食べられます。

糖度が高くて甘みがありながらも酸っぱさも感じられるので、程よい甘さで食べられます。また香りがとても強いので、タルトやケーキなど加工をしても香りをそのままに楽しめます。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事