1. HOME
  2. ブログ
  3. いちご選びのポイント

いちご選びのポイント

いちごは真っ赤な見た目と甘い香り、一口、二口で子供も食べやすいサイズ、そして瑞々しさもあってさっぱり爽やかな甘酸っぱさが特徴です。お菓子に加工されても、そのまま食べても美味しいいちごですが、意外に知られていないのがいちごの選び方です。ちょっとした選ぶポイントを覚えておくだけで、一見してどれも赤々として美味しそうなパッケージの中から、特に美味しいいちごを選び出すことができます。

美味しいいちごの特徴は、当然つやつやと色艶の良い真っ赤ないちごです。店頭に並ぶ時点で赤さや見た目が厳選されている傾向がありますが、見比べる場合はいちごのヘタと、ヘタの根元を見てみてください。ヘタの先がピンと立っている、緑鮮やかなヘタであるほど新鮮で、下手の根元までムラなく真っ赤に熟しているいちごほど美味しいいちごです。

また、パックで2段になっている時は、下の段をじっくり見ることは難しいですが、ここもチェックしておきたいポイントです。パックの両端を持ってそっと持ち上げて、下から見て汁が出ている、白っぽくなっているものが無いか確認してみましょう。

いちごはメロンのように、日数が経つと熟していく「追熟」はしません。真っ赤ないちごほどその日の内に食べるのが最も新鮮で美味しい瞬間になります。糖度が高いいちごほど傷みも早いので、その日のうちに食べきれない分は早めに冷凍する事も検討しましょう。冷蔵庫で保存する場合、水洗いしてはいけません。ヘタもついたまま、ラップをして乾燥だけ避けて保存して、1日~2日の内に食べ切るのがオススメです。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事