1. HOME
  2. ブログ
  3. いちごって果物?野菜?

いちごって果物?野菜?

いちごと聞いて、多くの人は「小さな種が果実の表面を覆っている一口大の赤い果物」を思い浮かべるのではないでしょうか。しかし、実はいちごの赤い部分は果実ではなく、表面の粒々も厳密には種では無く、そもそもいちご自体が野菜・果物の分類上では野菜に位置しているのです。

実のなる植物が野菜であるか果物であるのか、その違いは育ち方や食べられ方によって分類が分かれます。いちごは田畑で育ち、副食物である等の条件を満たす事から草本類、野菜に分類されます。しかし同時に果実的野菜でもあります。これは植物としての分類上は野菜ながら、一般的に果物として認知されている野菜の事です。メロン、スイカもこの果実的野菜であり、逆に野菜的果実なのがアボカドです。

いちごの赤い部分ですが、これは果実ではなく、花托(かたく)、花床(かしょう)という、いちごの花の根元にある台座部分が膨らんだものです。そして、いちごの本当の果実はあの硬い粒々、一般的に種と思われている部分なのです。

いちごの花のめしべが受粉すると、花托は1本1本のめしべを包むように大きく膨らんでいきます。いちごを縦に切って断面を見てみると、粒から中央に向かって筋が通っているのがわかります。これがめしべの軸だった部分で、この軸を通して果実に栄養を送り、硬い粒の果実は育てられています。この果実の中に、いちごの種が入っています。

こうした花托・花床部分など、子房以外の部分が成長し、果実のように見えるものは偽果(ぎか)と呼ばれています。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事